福岡明陵同窓会公式ホームページへようこそ。

会則

福岡明陵同窓会 会則

(名称)
第1条  この会を福岡県立小倉高等学校明陵同窓会福岡支部会と名づけ、略称福岡明陵同窓会という。
(会員)
第2条  この会は九州に居住、在職、若くは勤務する母校の同窓会の会員及びこの会が特に入会を承認した者を会員として組繊する。
(所在地)
第3条  この会の所在地を支部長宅におく。
(目的)
第4条  この会は母校及びその同窓会並びに会員が同期毎に組繊する同窓生の会との連絡を保ち、会員相互の親睦を深めることを目的とする。
(会議)
第5条  1.この会の最高の意思決定は会員の総会決議をもって決定し、運営は役員会が決定する。
2.会員の総会および役員会は支部長が招集する。
3.会議の決議は出席者の多数決による。
第6条  役員会において、前年度の決算・当年度の予算、その他本会の運営について協議する。
(運営)
第7条  1.この会の毎年の諸行事は当番期の会員が企画・運営する。
2.当番期は母校卒業後36年の期とする。
3.副当番期は母校卒業後26年の期とし、当番期の事務を補佐する。
4.当番期の毎年の諸行事担当は、支部総会の終了した日の翌日から次の年の支部総会の日までとする。
(役員)
第8条  1.本会の役員として、支部長1名、副支部長2名、監事1名、顧問若干名、各期幹事、幹事長1名、副幹事長若干名、会計1名をおき、これらの者をもって役員会を構成する。
2.支部長は退任の際、副支部長の中から1名を支部長に、会員の中から副支部長1名、監事1名をそれぞれ委嘱する。
3.各期幹事は、卒業期ごとに会員の中からおおむね2名を選出もしくは支部長が委嘱する。
4.幹事長は当番期の会員から、副幹事長は副当番期の会員の中からそれぞれ互選により選出する。
(行事)
第9条  幹事長は、会員全員による支部総会を毎年4月に、役員と参加希望の会員による幹事会を毎年3月に開催する。
(その他)
第10条 会員は住所、職業、勤務場所、地位その他に変更があったときは直ちにこの会の事務所に通知する。
第11条 この会を維持するため会員に維持費の負担を求めることができる。
第12条 この会則に規定のない事項については、役員会の決議による。
第13条 この会の設立年月日は昭和37年4月1日とする。

(改正)
昭和42年1月13日
昭和48年6月2日
平成21年6月6日
平成27年7月24日
平成28年4月24日

PAGETOP